DHAで記憶力を高めましょう!!

受験を控えている人が欲しい能力には記憶力があります。DHAが脳に良いとのことで受験生などには必須のものとなっています。実際に記憶力にどの程度の影響を与えるのかと、ラットを使って実験が行われたのです。それを摂取させたものと、そうでないラットで餌までの迷路をたどりゴールに行かせるというのですが、それを摂取させたラットは明らかに正解率が高かったのです。

 

DHA・EPAが勉強に効く脳をつくる

 

そのほかにはDHAが含まれた母乳を飲んだ赤ちゃんと、それを含まない粉ミルクを与えた赤ちゃんでは母乳で育った赤ちゃんの知能指数が高かったとの報告があります。140億個もの脳細胞膜により脳が構成されている中にDHAはありますが、中でも記憶力、学習能力に関係する海馬には、他の部分より多く2倍以上が存在しています。

 

それで、脳の栄養素と言われて海馬にどの程度あるかが頭の良さにつながるとまで言われています。脳の中に多く含まれている成分であることから、生活の中でDHAを摂取すると何より優先的に脳に取り込まれていきます。脳の入り口には脳に必要なものとそうでない物質の選別が行われています。そこで必要のない物質は排除されています。その場所を通過できる数少ない物質が受験など記憶力に影響するDHAになります。それを継続して摂取し続けることで受験に必要な記憶力は当然として、脳細胞全体の活性化が期待されるのです。同じオメガ3系の脂肪酸でEPAがあり、DHAと同じように言われたりしていますが、EPAはその場所を通過することができません。受験勉強をしている人や認知症の予防に対してDHAを含んだサプリメントが多いのも、実際に脳を活性化させて記憶力を向上させるという働きが認められているからだといえるのです。人の脳細胞は20歳をピークに減少していくと言われています。しかし、生活の中でDHAを摂取していくことで、残った脳細胞が活性化して記憶力や学習能力などを維持、向上させていくことが可能となるのです。